【ラノベ書き方】アウトライン・プロセッサ『DYNALIST』で『ゲーム感覚の掌編小説』を書いてみた!

こんにちは!…僕としょうちゃんです。…みなさん! 今日もラノベ読んでますか!? 僕も日々、ラノベ(主になろう系)を読みつつ【ラノベの書き方】を調べ研究しているのですが……。

ちょっと前に書いたブログ⬇で「ゲーム感覚の掌編しょうへん小説」のお話をしたのを覚えていますが?

【ライトノベルの書き方】しょうちゃんに「ゲーム感覚の掌編小説」をすすめてみた!
こんにちは!…僕としょうちゃんです。近頃、アニメばかり見ていまして……実際に数えてみたら30作品くらい見ていました(ビックリ!)2021年スタートのアニメは豊作で、全部見てたら(でも見たい!)時間が足りません!(嬉しい悲鳴です……はい)...

僕はウォーミングアップを兼ねて、しょうちゃんに掌編しょうへん小説を書いてもらっていたのですが……。

僕くん
僕くん

まだ手書きのメモに書くので、困っています。

しょうちゃん
しょうちゃん

手書きメモが面倒くさくなくていいんだよ!

せっかく前回⬇「プロット作成や執筆に使えるツール」『DYNALIST』をお伝えしたのに……。

【ラノベ書き方】プロット作成や執筆に使えるツール『支援アプリ・ソフト』を選んでみた!
こんにちは!…僕としょうちゃんです。…みなさん! 今日もラノベ読んでますか!? 僕も日々、ラノベ(主になろう系)を読みつつ【ラノベの書き方】を調べ研究しているのですが……。 前回、お伝えした⬆ラノベの『アイデア出し』...

そこで僕が、無理やりしょうちゃんに頼んでアウトライン・プロセッサDYNALIST』で、掌編しょうへん小説を書いてもらいました。

今回は「小説のクオリティーは別として、こんな感じになるよ!」 と、いうご報告したいと思います。

今回もまた内容的には短め(たぶん3分くらいで読めるかと……。)になると思いますが、気になるかたはチェックして下さいね。

『DYNALIST』で『ゲーム感覚の掌編小説』を書いてみた!

先に書いた2つの記事を読めば分かるのですが、もう一度「ゲーム感覚で掌編しょうへん小説」を書く方法についてまとめておきたいと思います。

掌編小説6つのルール

  • 物語の結末(オチ)を決めてから書く
  • 登場人物は2人から3人までで書く
  • 物語に入れるお題(2つから3つ)を入れて書く
  • 情景描写は最低限に書く
  • 時間制限を設けて書く
  • 書き上げる(完成させる)

……とルールを決めていましたが、僕は、もう少し細かく、インスピレーションが湧きやすいルールに変更して、しょうちゃんに書いてもらう事にしました。

僕くん
僕くん

題してしょうちゃんのローカル・ルールです。

掌編小説6「しょうちゃんのローカル・ルール」プラス3

  • 3つのお題から、それぞれインスピレーションを得た言葉(ワード)を書き出す
  • 出来た小説の文章校正を行い仕上げる(文章校正サイト使用)
  • 最後に掌編小説のタイトルを決める

…です。インスピレーションワードログラインでもOKです。なお文章校正については、オンライン文章校正支援サービスの使用を許可いたします。

しょうちゃん
しょうちゃん

何か、ハードル上がってないか!?(汗)

僕くん
僕くん

もちろんです! しょうちゃんですから……。(笑)

◉『三題噺スイッチ改訂版』お題:霧・宴会・軸(額)

まず三題噺お題を出してくれるサイト⬇

三題噺スイッチ改訂版
お題を三つ選んでそれを織り込んでひとつのお話を作る「三題噺」の、お題選びをするためのスイッチです。お題の数を増やした改訂版です。

にて、3つのお題『霧・宴会・軸(額)』をいただきました!

次にアウトライン・プロセッサDYNALIST』で、その3つのお題箇条書きにし、それぞれ得たインスピレーションを一行(ログライン)で書き出しました。

『DYNALIST』画面

こんな風に、箇条書きにしたお題の下に階層を一段下げて(マークダウン)インスピレーションから湧き出たワードログラインを書き出してみました。各行は色分けもしています。

そして次に、作ったログラインからお題の最後の「」にどんな結末オチ)をつけるか考えてから、物語を思いつくまま書き出してみました。

ここまで作成に要した時間は約30分くらいでした。何かお題ログラインがあると、つらつらと物語が書けてしまいます。と、しょうちゃんが言っておりました。

実は「しょうちゃんのローカル・ルール」で最後に、この掌編小説のタイトルを決めるルールでしたが、書きながらもうタイトルが決まっていたそうです。タイトルは『霧氷花』です。

◉ 掌編小説『霧氷花』

    • 湖のほとりを歩いている女性
    • 車を突然、霧が取り囲みむ
      • 一台の車が湖の畔に差し掛かった時、辺りが急に霧で白んだ。運転手の男が湖の方へふと目をやると女性が独り立っていた。真っ白なドレスに、真っ白な縁広の帽子をかぶった女性で、顔はよく見えなかったが、霧に溶け込むように佇んでいた。
  • 宴会
    • 豪商の家に向かう運転手の男
    • 豪商の家に集まった村人が、祭りのあと宴会をしていた……。
      • 運転手の男は、本日、村の祭りの後に催される宴会に出るため、豪商の家に向かっていたのだ。男が一瞬、目を離した瞬間に霧の女は消えていた。変なものを見たな……。と、思いながら運転手の男はハンドルを切った。
  • 軸(額)
    • 高価な掛け軸を自慢する村長(むらおさ)
    • 高価な掛け軸の名前が霧氷花(むひょうか)
      • 村長である豪商の家には、すでに村人が集まり宴会が催されていた。豪商の家は旧家の造りで豪奢であったが、宴会の部屋へ通された男が、廊下を先に進むと床が軋んだ。宴会場にはすでに、村長の他、十数名の村人が集まり、酒に酔い、にぎやかであった。男は村長が座る場所に呼ばれ、横の席に座った。腰掛けるとすぐに酒が振る舞われた。男がふと村長の後ろに掛かる軸に目をやると、一本の樹の水墨画が描かれていた。真っ白な氷の花を咲かせた樹の絵だ。村長に訊くと、自慢気に「村の女神だ!」と言った。「村のめがみ……?」男は意味が分からなかったが、軸に書かれた文字に気づいた。軸には「霧氷花」と書かれていた。男はなぜが、先程、湖の畔で見た美しい女性のことを思い出していた。

DYNALIST』のイメージ(マークダウン)でお題を「」「宴会」「軸(額)」の3つのパートに分けています。三幕構成箱書きに近いイメージになりました。

僕くん
僕くん

物語の内容については……。少々お恥ずかしいですが、こんな感じに出来ました。

しょうちゃん
しょうちゃん

ホントに恥ずかしいわ!

僕くん
僕くん

夜の11時ころに始めて12時には完成した感じだったね。でも何で物語が『霧氷花』になったの?

しょうちゃん
しょうちゃん

掛け軸つったら「※霧氷花」が出てきたんだよ!…あとは宴会場面をもっていった感じ……。

(※霧氷花は、冬の吹雪にさらされた樹木に付くで、樹木に咲いたに見える。)

僕くん
僕くん

なるほど……。でも、なんだかあっという間に出来てしまいましたね。これも支援ツールのおかげですね。

次に僕がしたことは、文章校正です。これも支援サイトを利用しました。

◉ オンライン文章校正支援サービス『PRUV(プルーブ)』

オンライン文章校正支援サービスPRUV(プルーフ)
オンライン文章校正支援ツール「PRUV」は、文章校正をお手伝いします。文法や固有名詞、送り仮名の誤り、typo(誤入力)、表記ゆれ、出版業界で使われているルールなど、多数の方法で文章校正をサポートします。

DYNALIST』で書いたテキスト文章校正支援サービスPRUV(プルーブ)』にコピペして、チェック開始のボタンを押しました。※ユーザー登録はしなくてもOKです。

すると、こんな感じで、きちんと校正してくれました。5つのチェク項目にひっかかり、非常用漢字の4つはそのままで、助詞「3重複は「本日、村祭りに催される宴会」に修正しました。

有料で文章校正をしてくれるサイトは数多くありますが(※結構お値段が高いです)無料でここまで文章校正してくれる支援サービスPRUV(プルーブ)』は、すごくありがたいです。

今回のまとめ

 

僕くん
僕くん

今回は、以前にお約束していた……。

ゲーム感覚で掌編しょうへん小説』を書く手順を、ご紹介しました。

……いかがでしたか?

しょうちゃん
しょうちゃん

本当にゲーム感覚で書けた!

僕くん
僕くん

でしょう! 意外に簡単に書けて面白いですよね!

また自分が思いもしなかった物語が出てきたりしますので、これら執筆支援アプリサービスを使って、どんどん面白い物語を書いてみて下さいね。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。これからもラノベに関したことを書いて行きたいと思いますので、もし良かったら、また遊びに来てくださいね。「僕と、しょうちゃんより

タイトルとURLをコピーしました