【おすすめラノベ】『小説家になろう』で人気の作品『薬屋のひとりごと』【ラノベ分析】書いてみた!【パートⅣ】

こんにちは!…僕と、しょうちゃんです。今回もWEB小説投稿サイト『小説家になろう』で人気作品の【ラノベ分析】第四弾【パートⅣ】ですが……。

今まで(の3回)とは少し趣向が違います。それは以前にお話した⬇【ラノベ・テンプレ】とちょっと違った作品だからです!……というか、あえて選びました!

【ラノベ分析】斬新さはうけない!?テンプレと流行の両方が大事みたいです!
こんにちは!…僕としょうちゃんです。…みなさん!毎日、ラノベ読んでますか!?ラノベ・アニメ見てますか!? 僕くん 僕は毎日、欠かさず読んで見ていますよ! しょうちゃん 勤勉ですね~...

その理由は……『流行【テンプレ】と違う作品!?』ですが、とても面白い【なろう系ラノベ】で、勉強になると考えたから……。

なので、これはぜひ新たなる【ラノベ分析】を「さねばらぬ!」と考えた次第であります……ハイ!

しょうちゃん
しょうちゃん

何で時代言葉なの!?

 

僕くん
僕くん

作品の影響かも……。

今回の作品は現在『小説家になろう』月間ランキング総合で上位(1位~10位)には見当たりませんが、『ヒーロー文庫』にて第1巻から第10巻(2021年現在)まで発行されている作品です!

【ラノベ分析】作品の発表

今回、選ばせて頂いたライトノベル作品は……。

タイトル短っ!」……て、普通これくらいですよね。今回の作品は『なろう』で2011年からWEB投稿されている作品ですが、もうタイトルからして、他の作品とは違う予感がします!

お決まりの、なが~いタイトルなしですよ。ラノベ・テンプレログライン無視ですね(笑)

でも面白いです。めちゃめちゃ【おすすめラノベ】です。「何でオススなのか?」については、あとの【ラノベ分析】でじっくり書きたいと思いますので……気になる方は、ぜひチェックして下さいね!

【おすすめラノベ】『薬屋のひとりごと』について

 

僕くん
僕くん

薬屋のひとりごとは、WEB小説投稿サイトの『小説家になろう』で作者:日向夏さんによって書かれたライトノベルです。

あらすじ】薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。花街で薬師をやっていた猫猫マオマオは、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。ふとした事件を解決したことからみかど寵妃ちょうひ宦官かんがんに目をつけられることになる。早く市井しせいに戻りたい、猫猫マオマオはきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。小説家になろう』より

小説家になろう』で人気を博した後、2012年に第1部「後宮編」が主婦の友社の「Ray Books」から単行本として発売され、2014年以降は「ヒーロー文庫」から第1部が新装刊され(2021年2月現在)第10巻まで刊行されています。

また2017年からは「月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)」と「月刊サンデーGX(小学館)」でコミック版も連載されています。

【ラノベ分析】『薬屋のひとりごと』【感想レビュー】

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

ここからは、ラノベを読んだ感想レビューになりますので、まだ見てない方はネタバレになります。ご注意下さいね!

また人気作品で文庫本も発売されていますが……。

基本的に僕の【ラノベ分析】【感想レビュー】は『小説家になろう版(文庫編集なし)』のレビューになります!

過去の【ラノベ分析】(文庫版未発売3作品)のレビューは⬇からチェックして下さいね。

【おすすめラノベ】『小説家になろう』で人気の作品【ラノベ分析】【感想レビュー】を書いてみた!
こんにちは!…僕と、しょうちゃんです。今回はWEB小説投稿サイト『小説家になろう』で人気の作品の【ラノベ分析】と【感想レビュー】に挑戦です! まだ世に出る(出版とか)前の作品ですが、「何でなろうで人気なのか?」きっと秘密があると思うので…...
【おすすめラノベ】『小説家になろう』で人気の作品【ラノベ分析】を書いてみた!【パートⅡ】
こんにちは!…僕と、しょうちゃんです。今回もWEB小説投稿サイト『小説家になろう』で人気の作品の【ラノベ分析】に挑戦・第二弾【パートⅡ】です! まだ世に出る(出版とか)前の作品ですが、「何でなろうで人気なのか?」その秘密に迫る企画です! ...
【おすすめラノベ】『小説家になろう』で人気の作品【ラノベ分析】を書いてみた!【パートⅢ】
こんにちは!…僕と、しょうちゃんです。今回もWEB小説投稿サイト『小説家になろう』で人気の作品の【ラノベ分析】に挑戦の第三弾【パートⅢ】です! 前二回好評につき⬇ 世に出る(出版とか)前の作品で「何でなろうで人気なのか?」そ...

■なろうジャンル【ラノベ分析】

本作品は『小説家になろう』ラノベ・ジャンルで『推理〔文芸〕』になります。

舞台は『中世の宮廷』で、日本の平安京(平安時代)か、中世の中華文明をイメージさせます。一般文芸では珍しくない背景設定ですが、なろう系ラノベ(人気作品)では少数派かも知れませんね。

またストーリー(物語)も推理・探偵もので、さらに時代ものという、前回お話した、人気【ラノベ・テンプレ】の真逆を行く作品です。

僕くん
僕くん

……なのに人気で、読むとハマってしまいます(僕的にですけどね!)

■タイトル【ラノベ分析】

タイトルも、今流行りの「なが~い!ログラインでなくて、ワンフレーズですよね。でも、この短いタイトルの中にもちゃんと物語の情報が入っていて……。

薬屋さん「が何か」ひとりごと「で事件を解決しちゃう!」……のかな?って、推理させてくれますね。

しょうちゃん
しょうちゃん

ジャンルが推理だけにな!

こういうのを『行間を読む』と言うらしいですが、素晴らしいタイトルだと思いました。

■あらすじ【ラノベ分析】

失礼かと思いましたが『小説家になろう』の【あらすじ】が少し※ミステリーしていたので、僕なりの【あらすじ】を書いてみました!……すいません! ※作者の意図かもしれませんけどね。

人さらいに連れてこられた宮中で下働きをする薬屋の少女・猫猫マオマオ。薬師の知識を隠していたが、みかどの子たちが皆短命であるという噂を聞き、持ち前の好奇心とひとりごとに突き動かされ、あっさり事件を解決! その後、イケメン役人壬氏ジンシに能力を買われ、※後宮こうきゅうで起こる事件を解決してゆく…ことになる。僕くん』より

後宮こうきゅうとは帝や王などの后妃こうひ(きさき)が住まう場所。 平安京内裏の七殿五舎しちでんごしゃ、江戸城大奥がこれに該当する。

ふぅ~【あらすじ】読むだけでも【ラノベテンプレ】で不利な、漢字の読み意味などの問題がありますが、そこは人気作品です。ちゃんと『イケメン』『スキル(能力)』『無双(事件解決)』と、ポイントを押さえていますね!

■メインキャラ(主人公):猫猫(マオマオ)薬師【ラノベ分析】

舞台は宮廷の中にある後宮こうきゅうで、人さらいに連れてこられた薬屋の少女・猫猫マオマオは、奉公の年季が明ける(約2年)まで下女(主に洗濯)として働いていた。

猫猫マオマオには薬師としての知識があり、もっといい仕事に有りつけたが、そのことを隠していた。理由は、給料が上がり人さらいの取り分が上がるのがしゃくだったことと、年季明けが遅れる可能性があったためだ。

だがこの思惑は、猫猫マオマオの、持ち前の好奇心で、あえなく打ち砕かれてしまう。とは言っても自分で壊してしまうのだが……。

猫猫マオマオの好奇心という火に油を注いだのは、女たちの噂話と、後宮こうきゅうという特殊な空間であった。

後宮こうきゅうは、むせ返る化粧と香り、美しい衣をまとった女官たちの「薄っぺらい笑み」が張り付いた場所で、薬屋をやってきた彼女が思うことは……。

『※女の笑みほど恐ろしい毒はないと……。』※猫猫マオマオの心の声

そんな「魑魅魍魎ちみもうりょう跋扈ばっこする」場所で、猫猫マオマオは広い食堂で朝餉あさげをいただいていた時、聞き捨てならない噂を耳にする。

それは、后妃こうひたちの生んだ子どもが、みかどが東宮時代に一人、皇帝になられてから二人、どれも乳幼児のころに身まかられていて、呪いの類だとのだった。

確かに、殿上人てんじょうびとの子が三人となるとおかしいが、現在、玉葉ギョクヨウ妃と梨花リファ妃の二人の子どもだけが生き残っていた。そんな噂を聞いた猫猫マオマオは……。

『※毒殺ではなかろうか?』※猫猫マオマオの心の声

……と、白湯を含みながら考えるが、現在生き残っている二人のお子と梨花リファさまご自身も「だんだん弱っている」と知り、ある結論に至った。

それは薬師としての知識花街の薬屋の経験から「白粉おしろいの毒」が原因である!……ということだった。

そんな折、洗濯物の届け先であった、やぶ医者に抗議に来ていた玉葉ギョクヨウ妃を、偶然見かけた猫猫マオマオは、人知れず、書くものを探し……。

『※馬鹿だろう、あのやぶ』と呟きながら ※猫猫マオマオの心の声

裂いた布に、不恰好ぶかっこうな字で……。

『おしろいはどく、赤子あかごにふれさすな』と書いて、窓辺にあった石楠花しゃくなげの枝に結んで、帰るのであった。

こうして「帝の御子の原因不明死」を解決した猫猫マオマオは、玉葉ギョクヨウ妃に感謝され、妃の信頼厚い宦官である宮中一のイケメン役人・壬氏ジンシによって見つけ出され……。

その後、彼によって能力を買われた猫猫マオマオは、「下女の謎の自殺」など、後宮こうきゅうで巻き起こる、さまざまな事件を解決していくことになる……のであった。

人気【テンプレ】の『俺TUEEE』ではありませんが、主人公の『薬師の知識』と『鋭い洞察力』で、次々と事件を解決していく姿は爽快です。それとお決まりの『イケメン』サブキャラ『恋愛』ラブコメも入っていて……。さらに猫猫マオマオの『ひとりごと』は、『クール』で『辛辣』ちょこっと『お茶目』で、正義感が強く、知識欲が強い性格と相まって、このラノベの人気を支えるメインキャラとなっていますね!

さらに宮中一のモテキャラ壬氏ジンシによるアプローチを『華麗にスルー』する猫猫マオマオの姿は、女性ラノベ読者のハートを掴んでいると思います。

後、僕的には、薬の知識(媚薬の作り方)や科学的な説明が心に刺さりましたし……。男性読者にもハマる要素がちゃんと入っているところが、さすが人気作品だと思いました!

推理ミステリー恋愛ラブコメツンデレつぶやき・これだけの人気【テンプレ】が入ったライトノベルです。気になった方は、まず『小説家になろう』⬇で読んでみて下さいね。

今回のまとめ

 

今回は、『小説家になろう』と巷で人気で僕のお気に入り作品『薬屋のひとりごと』の【ラノベ分析】を書いてみました。

今回の作品以外にも面白いラノベがたくさんありますので、『小説家になろう』⬇もチェックしてみて下さいね。

小説家になろう - みんなのための小説投稿サイト
日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」。作品数40万以上、登録者数80万人以上、小説閲覧数月間11億PV以上。パソコン・スマートフォン・フィーチャーフォンのどれでも使えて完全無料!

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。これからもラノベに関したことを書いて行きたいと思いますので、もし良かったら、また遊びに来てくださいね。「僕と、しょうちゃんより

 

タイトルとURLをコピーしました