【ラノベ分析】第二弾『見切りから始める我流剣術』【ハイファンタジー】ランキング上位作品の分析

こんにちは!……「僕と、しょうちゃん」です。今回もまた……。

前々回にお伝えした⬇課題ラノベ分析】の結果を書いて行きたいと思います。

【ラノベ分析】本気でラノベ書籍化を目指すのに必要なもの【原点に戻る】から始めてみた!
ライトノベルの大好きな「僕としょうちゃん」が、ラノベやアニメを探して紹介するサイトです。ラノベにアニメの最新情報や、おすすめラノベに『小説家になろう』の情報を中心に発信しています。

■【ラノベ分析】課題

  1. 書きたいなろう系ジャンルから、ランキング上位10作品の読込!
  2. その中で面白かった作品から、構成(骨組み要素)と独創性の分析!
僕くん
僕くん

前回発表した課題は⬆これでした。

そして今回も、僕が選んだ作品は【なろう系】ジャンルの【ハイファンタジー】の中から、2021年現在の※四半期のランキング上位の中から選ばせていただきました。

※なろうランキングは、ジャンル別に、日間、月間、週間、四半期、年間、5つの期間で集計されランキングされています。

僕が四半期のランキング上位の中から選んだ理由は、やはり安定した人気が分かるのに四半期くらいの期間が必要だと判断したからです。

ちなみにランキング上位1位~10位くらいの10作品で、1作品につき10話程度(約3万~5万文字)を読み込んで【ラノベ分析】する作品を選びました。

作品「タイトル」発表

そして今回僕の選んだ【ハイファンタジー】作品は……。

見切りから始める我流剣術』です。
小説家になろう - みんなのための小説投稿サイト
日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」。作品数40万以上、登録者数80万人以上、小説閲覧数月間11億PV以上。パソコン・スマートフォン・フィーチャーフォンのどれでも使えて完全無料!

『見切りから始める我流剣術』のリンク先

しょうちゃん
しょうちゃん

あれ? 今回の作品タイトル、随分と短くないか?……。

僕くん
僕くん

はい。それと今回の作品も、いわゆる『追放』もの『ざまぁ』系とは、ちょっと違います。

僕は今回の選定にあたって四半期のランキング上位ハイファンタジー】作品を10作品ほど読みましたが、前回の選定作品⬇と共通する、ある特徴に気づいたのです。
【ラノベ分析】第一弾『弱小領地の生存戦略!~※以下省略』【ハイファンタジー】ランキング上位作品の分析
ライトノベルの大好きな「僕としょうちゃん」が、ラノベやアニメを探して紹介するサイトです。ラノベにアニメの最新情報や、おすすめラノベに『小説家になろう』の情報を中心に発信しています。

そんな事をご報告しつつ、今回の選定作品の【ラノベ分析】をさせていただきますので、興味のある方は、ぜひご覧くださいませ。

『見切りから始める我流剣術』分析レビュー

PrawnyによるPixabayからの画像

 

僕くん
僕くん

では早速【ラノベ分析】に入りたいと思いますが、その前に作品紹介をさせていただきます。

 

作品紹介

  • 作者:氷純 さん
  • 連載開始:2021年 08月01日
  • 約14万文字連載中
  • 日間、週間、月間、四半期、それぞれでランキング上位(1位~5位)達成

ジャンル

  • ハイファンタジー

あらすじ

「――アホくさ」
辺境に住む少年、リオは村の道場の指導方針に呆れて見切りをつけた。
しかし、危険な辺境で生き抜くためには何らかの武術を収めておくべき。ならばと、リオは我流剣術を作り始める。
才能がないと言われながらも、リオは剣術作りにのめり込み、奥儀までも完成させてしまう。
その奥儀が世界を変えることになるとも知らず――『小説家になろう』より抜粋

先にお伝えしておきますが、今回、僕が選んだこの作品も前回同様追放』ものではありません! さらに言うと『ざまぁ』要素もあまりなく……。

なろうの【ハイファンタジー】に多い『追放ざまぁテンプレ『パーティ仲間に徹底的にバカにされ理不尽にも追放されたところからの、成功・成り上がり後のざまぁ展開』はほとんど見られません。

僕の調べた限りでは【ハイファンタジー四半期のランキング上位の中で追放ざまぁテンプレでない・・・作品は10作品中、今回の作品を含め3作品だけでした。(※後に15作品も調べたが、同じく3作品だけ)
僕くん
僕くん

なのに何故人気作になったのか? 気になりますよね。

そういった部分を中心に詳しく分析してみたいと思います。

【ラノベ分析】物語の詳細分析

小説家になろう】でのジャンルは【ハイファンタジー

舞台も【なろう系】でおなじみの【※ナーロッパ】ですが、現在投稿公開中の第一章では、主人公が生まれ育った辺境の村がほとんどの舞台です。※中世ヨーロッパ風設定

魔法系】は普通に存在しますが、主人公我流剣術を作る少年リオ』は、魔法を全く使えない設定(魔力がない)となっています。

僕くん
僕くん

主人公の魔法を使えない設定は、前回の『弱小領地の生存戦略!』と同じですね!

この設定から言えることは『主人公が徹底的に苦労する!』ということです。

つまり異世界において便利な魔法が使えないので『俺TUEEE』的な無双展開は、なかなかやってこないということ。

これって、なろう読者が、飽きてしまわないか心配になる設定ですが、イチなろう読者として読ませて頂いた僕の感想としては「大丈夫! むしろ面白い!」と、引き込まれながら読み進めてしまいました。

僕くん
僕くん

では、どこに引き込まれたかと言うと……。

魔力のない主人公の苦心惨憺くしんさんたんなところで、簡単に言うと『心をくだき非常に苦労を重ね、悩みながらも工夫をこらし我流剣術を作り上げていくところですね。

僕くん
僕くん

これって、前回【ラノベ分析】した『弱小領地の生存戦略!』と似ている思いませんか?

村で唯一の道場の師範である、ラクドイの指導方針に納得がいかず、自分で剣術を編み出して行く主人公の行動は『弱小領地の領主』が、領地の存続をかけて試行錯誤(何度もやり直し)を繰り返す部分と、似ているな……と僕は感じました。

また、辺境の村の周辺の森には、魔力によって獣が変異した『邪獣』が存在していて、狩りの村人を襲ったり、知性を持った『邪獣』が集団で村を襲ったりする危機から、主人公が我流剣術で立ち向かうという部分も……似ているなと思いました。

さらに付け加えるなら、主人公の編み出した(まだ発展途中の)我流剣術だけでは、群れをなした『邪獣』には、まったく歯が立たず、それこそ苦心惨憺くしんさんたん、他の冒険者や我流剣術の師匠と協力しながら戦うシーンも、僕が引き込まれた部分です。

僕くん
僕くん

これらの事から、2作品の共通する人気要素は……。

主人公の成長する過程を楽しむ作品』である。

ということですね。なので、この作品のメインテーマ主人公の目標)は『世に通用する我流剣術』を作り上げることですが……。

現在(2021年9月)、本作品は第一章までしか投稿されていないので、はっきりとした分析はできませんが、おそらくサブテーマである物語の目標は、

邪獣』の群れから村を守った主人公リオは、王国の辺境領地ロシズ子爵家の次期当主、ラスモア・ロシズに目をかけられ、さらに広い世界(村を出て)で【領地争い】や貴族間の【権力闘争】などに巻き揉まれて行くのは必至で……。

これらの伏線として、『邪獣』の群れに村を襲わせた『人物?の影や、先の『邪獣』との戦闘シーンで、主人公のリオが遭難した際に出会った、謎の少女(後にリオの義理の妹として育つ)の魔力が以上に強いことなど、これら謎の解明などが‥‥。

僕くん
僕くん

今後の物語の目標(サブテーマ)となっていくと思われますね。

【ラノベ分析】総括&まとめ

 

ということで、今回も【ラノベ分析】第二弾として、僕がめちゃくちゃハマった【ハイファンタジー】作品……。

見切りから始める我流剣術
小説家になろう - みんなのための小説投稿サイト
日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」。作品数40万以上、登録者数80万人以上、小説閲覧数月間11億PV以上。パソコン・スマートフォン・フィーチャーフォンのどれでも使えて完全無料!

『見切りから始める我流剣術』のリンク先

の物語の詳細分析をさせていただきました。

全体的な感想としては、前回に続き今回の作品も、流行りの【テンプレ】展開を、盛り込まずとも、【主人公の目的】と【物語の目的】がきっちりと組み込まれていれば、読者の心を次のページへと向かわせるんだな……ということが、はっきり理解出来ました。
僕くん
僕くん

そして今回も前回と同じポイントですが……。

  • 主人公の成長過程をきっちりと描いている
  • 主人公の目標(メインテーマ)がはっきりしている
  • 物語の目標(サブテーマ)が、最後に提示されている

が人気作品には重要だと分析いたしました。

しょうちゃん
しょうちゃん

この作品の主人公の目標は『我流剣術を最強にする』で、物語の目標は『暗躍者の正体』かな?

僕くん
僕くん

そうだね。まだ話が進んでいないので断定はできないけど……。

邪獣』を焚き付けた『暗躍者』の正体とその目的が何か? と、リオが大好きな妹(魔法少女)の、その正体を含め今後どう関わってくるのか?……気になるところですよね。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。これからもラノベに関したことを書いて行きたいと思いますので、もし良かったら、また遊びに来てくださいね。「僕と、しょうちゃんより

タイトルとURLをコピーしました